ここから本文です

<米副大統領カレン夫人>アートセラピーの重要性訴え

毎日新聞 4/18(火) 20:19配信

 来日中のカレン・ペンス米副大統領夫人は18日、東京都内で毎日新聞と会見し、10年以上も啓発活動に取り組んでいる心理療法のアートセラピーの重要性を唱えた。「より多くの人に専門性の高い心理療法であることを理解してもらい、この職業(の地位)を高めていきたい」と語った。

 アートセラピーは病気や心的障害に悩む人が創作活動を通して治癒を進めていく療法。カレン氏が啓発活動に目覚めたきっかけは、2006年に首都ワシントンの病院を視察した際、この治療を受けていた子どもたちが喜んで病院に通う姿を目にしたことだという。その後、地元の中西部インディアナ州の病院でアートセラピーの専門医を雇用するための基金集めなどに従事してきた。

 18日には東京都内で専門医や関係者と意見交換した。アートセラピーを取り巻く日本の状況について、カレン氏は国内の大学で専門医の育成コースが設置されていない点などを指摘。「多くの人にこの分野で学んでもらいたい。治癒方法の一つであることも知ってもらいたい」と話す。

 カレン氏は結婚と出産の後も小学校教員を続けた経歴を持つ。最近の米国内の報道によると、ペンス副大統領はカレン氏が同伴しない状況では、他の女性と2人きりで食事をしないと伝えられている。カレン氏に副大統領の人柄や関係について尋ねると「人助けをしたいという情熱を持つ人。そのために政界入りし、今の仕事を楽しんでいると思う」と答えた。【大前仁、武内彩】

最終更新:4/18(火) 21:22

毎日新聞