ここから本文です

中川経産政務官が辞任=女性問題で引責

時事通信 4/18(火) 17:42配信

 政府は18日、中川俊直経済産業政務官(46)が「一身上の都合」で辞任し、後任に大串正樹衆院議員(51)を起用すると発表した。

 中川氏は同日、自身のフェイスブックで辞任理由について、女性問題であることを明らかにした上で、「心からおわびする」と謝罪した。

 中川氏はこの中で「家族がありながら知り合いの女性に好意を抱き、深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない」と説明。妻には謝罪し、理解を得たという。週刊誌に近く記事が掲載されることから辞表を提出したとしているが、事実上の更迭とみられる。

 安倍政権では、務台俊介内閣府・復興政務官(当時)が今年3月、台風被害視察に関する不適切発言の責任を問われ、事実上更迭されたばかり。女性問題による政務官交代は、政権に痛手となりそうだ。

 中川氏は衆院広島4区選出、当選2回で、父は第1次安倍政権で自民党幹事長を務めた中川秀直氏。安倍晋三首相は18日、首相官邸で大串氏に辞令を交付した。大串氏は兵庫6区選出で当選2回。 

最終更新:4/18(火) 20:48

時事通信