ここから本文です

人工知能が目を引くバナー広告をデザインする機能、ドコモのEコマース向け支援システムに

Impress Watch 4/18(火) 15:36配信

 NTTドコモは、Eコマースサイトの購買支援システム「ecコンシェル」にて、バナー広告画像を自動で作成する「オートクリエイティブ」機能の提供を開始した。

 「オートクリエイティブ」機能は、運営するEコマースサイトのデザインにあわせたバナー広告を手間をかけずに作成する機能。人工知能(AI)による画像認識技術を応用して、サイトの構成や色合いを解析する仕組みが組み込まれている。

 ユーザー(ECサイトの管理者)は、掲載したい内容やURLを設定するだけ。サイトの配色にあわせた複数の広告サンプルが生成される。配色の調整機能では、作成したいサイトにあわせて「シック」~「賑やか」、「高級」~「お買い得」といったパラメーターをスライドして、イメージにあわせた変更が可能。広告に掲載する画像の切り抜き機能も備える。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:4/18(火) 16:07

Impress Watch