ここから本文です

爆弾がはじけカウボーイが暴れる 「銀のさら」CMがクレイジー

ねとらぼ 4/18(火) 21:51配信

 宅配寿司の「銀のさら」と銀座の高級店、野を駆けて100人のモニターが目指すのはどっちの寿司? そんな昭和のバラエティ番組めいたCMが注目を集めています。初オンエアは2007年のことですが、最近Twitterで紹介され再び話題に。お寿司のCMなのに、爆弾がはじけカウボーイが暴れるクレイジーな面白さは、10年経っても色あせていないようです。

【クレイジーな銀のさらCM】

 富士山麓の平原に集められた、100人のモニターたち。遠方には銀のさらと、架空の高級店「高兵衛」が、寿司を用意して待っています。そして、100人が食べたいのはどちらの寿司か、検証するための競走が開始。合図の花火が鳴るやいなや、全員が高兵衛へ一直線に駆けていきます。ま、ぶっちゃけそうなりますよねー。

 しかし突然、アクシデントが頻発。高兵衛を目指す一団は、落とし穴に落とされ、どこからか湧いてきた剣道家に打ちのめされ、やむなく銀のさらへ進路を変えていきます。この地獄のような状況を指して、実況は「高兵衛を目指す人はどんどん減っています。多くの人が銀のさらを食べたいようです」と、明らかな偏向放送を淡々と展開。暴力で無理矢理選ばされてるだけじゃねーか!

 モニターたちを網で捕らえたり鉄球で打ったりと、高兵衛へ進ませまいとする“謎の力”(棒読み)はどんどん過剰になり、進路上を爆破する暴挙にまで及びます。それでも実況は「高兵衛に向かう者はまったくいません」と冷静。芯がブレないところだけはすごいと思います。悪い意味で。

 最終的に、銀のさらサイドは出迎えの美女や現金を用意する懐柔策まで実行。捕らわれたモニターたちも、軽トラに積まれたり、馬に引きずられたりなどして運ばれ、100人全員が銀のさらを選んだことにされました。その間も実況のコメントは「味で勝負する銀のさら」「皆自らの意思で、自らの足で銀のさらを目指しています」とそらぞらしい調子。最後まで映像と実況がかみ合わないCMでしたが、結果だけを見れば「寿司といえば銀のさら」で満場一致となりました。もう、経緯は見なかったことにしよう……。

 銀のさらは2006年以来、毎年こうしたトリッキーなCMを制作。多くの広告祭で受賞を勝ち取っています。過去のCMは公式のギャラリーページにまとめられているので、ぜひご覧ください。「寿司とは? そして広告とは?」と、哲学的な疑問が持ち上がることうけあいです。

最終更新:4/18(火) 21:51

ねとらぼ