ここから本文です

「VAIO Phone A」ミニレビュー(編集部湯野)

Impress Watch 4/18(火) 17:00配信

 4月7日に発売された「VAIO Phone A」(VPA0511S)は、Android 6.0を搭載するSIMロックフリーのスマートフォンだ。5.5インチのディスプレイやミドルレンジのCPU、1300万画素のメインカメラなどを備える。「ケータイ Watch」編集部スタッフそれぞれの視点から「VAIO Phone A」をご紹介する。

【この記事に関する別の画像を見る】

■編集部・湯野

 外観上はVAIO Phone BIZと全く同じなので、若干懐かしい感じもするのだが、改めて使ってみると、電源キーの位置が右上の遠いところにあり、指紋センサー等も無いので、スリープ解除のきっかけ作りにどうしても距離感を感じてしまう。Windowsスマホとして登場した際には気が付かなかったが、できればLGや京セラの端末のようにダブルタップで端末を起こすような工夫が欲しくなる。

 起動してしまえば、ミドルクラスながら3GBメモリを搭載する大画面Androidスマホ。キャリアアグリゲーションやDSDS対応で無線LANもこのクラスでありながら11acをサポートするなど、通信面の対応は手厚く、それを考えると2万4800円という値段は魅力的。

 最初からAndroidで良かったんじゃないかとも思えるが、Windows 10 Mobile版と出てくる順番が逆だったとして話題になるかと言えば難しい面もあり、まあ、これはこれで正解なのかもしれない。

Amazonでチェック:VAIO Phone A

ケータイ Watch,湯野 康隆

最終更新:4/18(火) 17:00

Impress Watch