ここから本文です

久保裕也、決勝弾で2位浮上 ベルギー1部リーグ日本人最多の6得点

スポーツ報知 4/18(火) 17:39配信

 ベルギー1部の上位6チームによるプレーオフ(PO)でゲントの日本代表FW久保裕也は17日、敵地で1―0で下したシャルルロワ戦にトップ下でフル出場。前半23分に決勝点となるゴールを挙げた。スイス1部ヤングボーイズから1月に移籍後の6点目で、元日本代表FW鈴木隆行(ゾルダー)が03~04年に記録した5点を越えてベルギー1部日本人最多となった。チームは首位アンデルレヒトとの勝ち点差6のままながら、3位から2位に浮上した。

 ―久保に聞く

 ―クリバリーからのこぼれ球を狙ってますね?

 久保「そうですね。彼は足元というよりヘディングなんで、ロングボールが出た時は『こぼれてくるかなあ』と準備してたので良かったと思います」

 ―ボールがこぼれてきましたが、その後のイメージは?

 「ちょっとタッチがデカくなってしまって(マーカーにボールが)当たりましたけれど、(再び)こぼれて来た。少しシュートはラッキーでしたけれど」

 ―シュートのコースは狙ったところに蹴ったのか?

 「もう、とにかく枠に入れようという意識で打ちました。特に狙ってはいません。打てば何か起こるかなという感じでした」

 ―今日はトップ下だったが、試合によってポジションが変わってきますね

 「そうですね。監督はいろいろなシステムを試す。試合、システム、ポジションによって自分がやる役割も変わるので、それに適応していかないといけない」

 ―ここで勝てたのは大きかったのでは?

 「今日はキーになる試合になると思いました。監督もそう言ってましたので、今日の勝ちはデカイかなと思います」

 ―ゲントは3位以上を争うレースに完全に加わりました

 「でも、まだまだ試合があるので、一戦一戦が大事になると思います」

 ※以下はベルギー人記者と英語での応答

 ―ゴールシーン、相手GKはスリップしたのか?

 「そう。少しラッキーでしたね。でもゴールはゴールです」

 ―プレーオフ3試合で勝ち点7を獲得しました。ゲントの可能性は?

 「全てが可能。チャンピオンになるのも可能です。しかし我々は毎試合、しっかり勝ち点を獲る必要があります。1試合1試合、キッチリ戦います」

最終更新:4/18(火) 17:39

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合