ここから本文です

DeNAの先発左腕、浜口は5回1失点 広島打線相手に粘りの投球

デイリースポーツ 4/18(火) 21:03配信

 「広島-DeNA」(18日、マツダスタジアム)

 DeNAのドラフト1位・浜口遥大投手(22)=神奈川大=が今季3度目の先発マウンドに上がり、5回を5安打1失点と力投した。

 立ち上がりから何度も得点圏に走者を置いたが威力のある直球、チェンジアップなど変化球を駆使して粘った。一回には1死満塁のピンチで鈴木、エルドレッドを2者連続空振り三振に仕留めた。

 3-0の五回にエルドレッドに押し出し四球を出し失点。8三振を奪う一方で5四球と制球力に課題は残したが、強力なカープ打線を相手に大崩することはなかった。

 勝利投手の権利を持って降板したルーキー左腕は、「調子自体はあまり良くなかったですが腕を振ることだけを心掛けて、粘り強く投げることができました。相手打線を強く警戒してしまい、厳しいコースを狙って球数が増えてしまいました。五回での交代となり中継ぎ陣に申し訳ないです」とコメントした。

最終更新:4/18(火) 21:29

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 13:00