ここから本文です

日本、1.2%成長に上方修正=米保護主義に警戒―IMF

時事通信 4/18(火) 22:07配信

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は18日、世界経済見通しを発表し、2017年の日本の成長率を1.2%と、1月時点の予測から0.4ポイント上方修正した。

 世界全体も3.5%に引き上げた。一方で「先進国で内向き政策の圧力が強まっている」とし、「米国第一」を掲げるトランプ政権の保護主義が成長の足かせになることに警戒感を示した。

 日本の上方修正は、輸出や消費の拡大が見込まれることが主因。18年も0.1ポイント引き上げたが、先進国で最も低い0.6%にとどまった。 

最終更新:4/18(火) 22:09

時事通信