ここから本文です

【ディズニー報知】TDR35周年“Happiest Celebration!”が来年4月15日開幕

スポーツ報知 4/18(火) 19:13配信

 来年4月15日に開園35周年を迎える東京ディズニーリゾート(TDR)では、同日から2019年3月25日までの345日間、アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」を開催することを18日、運営するオリエンタルランドが発表した。

 1983年4月15日に夢と魔法の王国、東京ディズニーランド(TDL)が開園し、2001年9月4日に東京ディズニーシー(TDS)が開園するなどTDRとして進化した。昨年TDSでは15周年で盛り上がったばかりだが、今回はTDRとして両パークで35周年を祝うことになる。

 5年前のTDR30周年のテーマは“ザ・ハピネス・イヤー”だったが、35周年のテーマは、「Happiest Celebration!」。これまで以上のハピネスであふれるパークで、最高に幸せなディズニーの夢の世界をお届けする、史上最大の“Happiest”な祭典にするという。

 TDLでは、開幕に合わせて5年ぶりに新しく生まれ変わる昼のパレードがスタート。ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが驚きに満ちた色鮮やかなフロートに乗って登場し、ディズニーならではのイマジネーションあふれる「夢」の世界へゲストをいざなう。

 春には、開園時からある「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアル。「アナと雪の女王」などキャラクターが約40体追加される。夏には、キャッスルプロジェクションに新たな効果を加えた新しいナイトエンターテイメントがスタート。そのほか両パークで、新しいエンターテイメントや35周年限定のスペシャルグッズやメニューの展開。季節ごとに、夏祭り、ハロウィーン、クリスマスのスペシャルイベントが開催される。

 同時に発表されたビジュアルは、35周年と「Happiest Celebration!」のロゴが入ったカーテンの向こうからミッキーがのぞいているイメージで、カーテンの向こう側は未知の世界。1年かけて徐々に明らかになっていくのだろう。とりあえずは、今月15日(34周年記念日)から“35年目”が始まったばかりのパークでハピネスを見つけていくしかない。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(www.tokyodisneyresort.jp/top.html)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

最終更新:4/18(火) 20:17

スポーツ報知