ここから本文です

桂歌丸、26日の高座休演 30日前後まで入院へ

スポーツ報知 4/19(水) 6:04配信

 肺炎で入院している落語家の桂歌丸(80)が30日前後まで入院し、26日に予定していた高座を休むことになった。落語芸術協会の関係者が18日、明らかにした。

 横浜市内の病院に入院した歌丸は東京・国立演芸場の寄席を16日から20日まで休演しているが、容体は回復傾向にあり、食事や会話もできているという。ライフワークの国立演芸場の高座を休んだことに責任を感じているようで、関係者は「『今何時?』と聞かれて『4時半です』と答えると『あぁ、ちょうど演芸場が終わった頃か…』と話していました」と病床の様子を明かした。

最終更新:4/19(水) 6:04

スポーツ報知