ここから本文です

EVスーパーカー「GLM G4」国内初披露 最高出力540馬力

産経新聞 4/18(火) 14:04配信

 電気自動車(EV)ベンチャーのGLM(京都市左京区)は18日、2019年の発売を目指す4人乗りのEVスーパーカー「GLM G4」を国内で初披露した。想定価格は4千万円。日本や欧州、香港、中東など世界で売り出し1千台の販売を目指している。

 高出力のモーターを2機搭載し、最高出力540馬力、最高速度250キロメートルを実現した。1回の充電当たりの最大航続距離は400キロメートル。前後のドア4枚は上に跳ね上がる方式を採用しするなど、スーパーカーらしさを演出した。

 GLMは10年設立のEVベンチャー。15年10月にEVスポーツカー「トミーカイラZZ」を量産化しEV市場に本格参入。米EVベンチャーのテスラにちなんで「和製テスラ」などとも呼ばれている。

最終更新:4/18(火) 15:14

産経新聞