ここから本文です

全国学力テスト本日実施 ♯1学力トップ級の理由は?/秋田

4/18(火) 9:33配信

CNA秋田ケーブルテレビ

秋田の子どもの学力はなぜ高いのか?
秋田大学大学院教育学研究科の阿部昇教授にお話を伺います。

「2007年から2016年まで(2011年は東日本大震災の影響により中止)の全国学力・学習状況調査の結果を見ると、秋田県は5教科ともにほぼ1~3位の成績で、9年間安定してトップクラスの学力を維持している」

「理由の一つは、秋田の子どもたちの授業に対する姿勢が大変良いこと。どの学校、どのクラスでも、生徒が積極的に授業に参加したり、発言したりする姿が見られる」

「子どもたちの積極的な姿勢を生かす形で、先生方が大変質の良い授業をしている」

「最近、秋田では探究型授業が盛んに行われている。探究型授業とは、学習課題を生徒と先生で決め、1人1人が考え、その後グループを作り話し合い、話し合いの結果を学級に報告し、最後に学級全体で話し合う授業」

「秋田県では2人の先生で授業をする取り組みを行っている。1人の先生が授業をし、もう1人の先生がサポートをする」

「さらに、秋田県には家庭学習ノートという取り組みがある。4月の始めに家庭学習用のノートを配り、子どもたちは毎日家庭学習をする。勉強したノートを翌朝担任の先生に渡し、先生は放課後までに全員のノートを見て、赤ペンでコメントを書いて生徒に返す。子どもは、先生に見てもらえる、ほめてもらえる事を励みに家庭学習を毎日するようになる」

「(アンケートの結果によると)朝食を毎日食べている生徒が、全国より多い。それが学習習慣や授業態度などにプラスの影響を与えている可能性が高い」(秋田大学大学院教育学研究科 阿部昇教授)

※次回「#2 秋田の課題と展望」は4月25日の配信を予定しています

CNA秋田ケーブルテレビ