ここから本文です

【NFL】パンサーズがDTショートと5年約87億円の大型契約

NFL公式サイト日本語版 4/18(火) 11:47配信

チーム公式サイトによれば、カロライナ・パンサーズは現地17日(月)にディフェンシブタックル(DT)カワン・ショートと5年契約を交わしたようだ。『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが伝えるところによると、ショートの契約は3,500万ドル(約38億2,000万円)の補償付きで5年総額8,050万ドル(約87億8,600万円)規模であり、5年のうち最初の2年間は4,000万ドル(約43億6,500万円)が支払われるという。

【2017年プロボウル】AFC対NFC

1,600万ドル(約17億4,600万円)に上る平均年俸はバッファロー・ビルズのDTのマーセル・ダレウスに近く、超大型契約を結んでいるエンダマカン・スー、フレッチャー・コックスらのすぐ後ろという位置づけだ。ただし『Spotrac.com』はディフェンス選手としてショートが契約後2年間で受け取る総額はボン・ミラーとオリビエ・バーノンの2者を除いてNFL史上最高額に達すると指摘している。

今年2月にフランチャイズタグを付与された28歳のショート。新しい契約なくしては、今年の夏季トレーニングキャンプに参加していたかどうかも定かではない。1年前、ジョシュ・ノーマンに対するフランチャイズタグを取り消したパンサーズのジェネラルマネジャー(GM)デーブ・ジェトルマンは今オフシーズンの注目を浴びていた。結果的にノーマンはワシントン・レッドスキンズへと移籍し、パンサーズのセカンダリー陣は大きな打撃を被ることとなったのだ。

今回ばかりはジェトルマンがショートに対する価値を認めているのは明らかだ。ジェトルマンは17日、チーム公式サイトに対してこのように語っている。

「ショートはわれわれ守備陣が達成できたものにとって実に重要な存在だった。2013年に彼をドラフトで指名した際、そのドラフトの中でも一番パスラッシュに優れたDTだと思った。そして見事、リーグの中でもトップクラスの選手へと成長してくれた。フィールド外でも、チームの模範となる大変優秀な人物。この契約を締結できたことに興奮を覚えている」

1/2ページ

最終更新:4/18(火) 11:47

NFL公式サイト日本語版