ここから本文です

【NFL】オズワイラー放出でテキサンズQBルームに明るいムード

4/18(火) 11:55配信

NFL公式サイト日本語版

ヒューストン・テキサンズはドラフト2巡目指名権をクリーブランド・ブラウンズへ引き渡すことでクオーターバック(QB)ブロック・オズワイラーを放出し、大失敗となった契約を清算した。現地17日(月)、現在先発QBとしてオフシーズンのワークアウトに臨むトム・サベージは『Houston Chronicle(ヒューストン・クロニクル)』のジョン・マクレインに対し、「(QB)ルームが平和で楽しくなる」と語っている。

2017年NFL最優秀賞の授賞式

ヘッドコーチ(HC)ビル・オブライエンとオズワイラーとの間にある確執は先シーズン中から顕著だった。『Pro Football Talk(プロ・フットボール・トーク)』は先月、先シーズンの第17週ハーフタイムでオズワイラーとオブライエンが口論していたことを報道。

サベージによる月曜日のコメントは彼ら2人のいざこざがテキサンズのQBルームに与えていた影響をほのめかすものとなった。オズワイラーがチームを去った今、サベージには噴火しやすいHCとの間に問題はない様子だ。

オブライエンに関し、「俺は好きだよ。誰に対しても厳しいが、そこが好きなところ。彼に学びたい」とサベージは発言している。

春にはNFLにも楽観的なムードがよく流れる。シーズン開幕の熱が高まった時、特に、今ドラフトでテキサンズが新人QBを獲得した場合、サベージが今のような穏やかな心境を維持できのるかどうかは楽しみなところだ。