ここから本文です

ベルディヒがフルセット勝利で初戦突破 [モンテカルロ/男子テニス]

4/18(火) 14:00配信

THE TENNIS DAILY

 モナコ・モンテカルロで開催されている「モンテカルロ・ロレックス・マスターズ」(ATP1000/4月16~23日/賞金総額427万3775ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦。

杉田祐一はマナリノに敗れて予選突破ならず [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

 第9シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)は予選を勝ち上がった26歳アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)の強い抵抗を克服して2回戦に進出するのに、2時間と3セットを必要とした。

 2年前にここモンテカルロで準優勝しているベルディヒは手にした11のブレークポイントのうち2つしかものにできず、クズネツォフに対して第1セットを落としながらも挽回して4-6 6-3 6-4で勝利を収めた。ベルディヒは第3セットの第3ゲームでダウン・ザ・ラインにバックハンドのウィナーを決め、勝負を分けるブレークを果たした。

 今季最初のクレーコートの大舞台で、この日プレーした6人のシードプレーヤー全員が2回戦に駒を進めた。ベルディヒのほか、第12シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、第13シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、第14シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第15シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、第16シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)だ。

 将来を嘱望される若手のひとり、19歳のズベレフはベテランのアンドレアス・セッピ(イタリア)を6-1 6-2で破った。

「クレーでプレーするのが好きなんだ」とズベレフ。「僕はこのサーフェスの上で育ってきたわけだからね」。

 ズベレフは次のラウンドで、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とダニール・メドベデフ(ロシア)の勝者と対戦する。

 モンテカルロで9度優勝しているラファエル・ナダル(スペイン)と同じドローの下半分に入ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、火曜日にジル・シモン(フランス)との対戦で今大会をプレーし始める。ジョコビッチはこのところ故障に苦しめられていて、3月のマイアミ・オープンは右肘の問題のため出場を取り消していた。

「肘はもうよくなったよ」とジョコビッチ。「ここ数週間はトレーニングもし、デビスカップもプレーして、体への要求が厳しいクレーへの移行も行った。クレー上で僕の肘が重いボールにどう反応するか懐疑的だったけど、ここまでのところ手応えはいいよ」。

 今大会の第1シードはアンディ・マレー(イギリス)、第2シードはジョコビッチ、第3シードはスタン・ワウリンカ(スイス)、第4シードはナダルとなっている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: MONTE-CARLO, MONACO - APRIL 17: Tomas Berdych of the Czech Republic in action against Andrey Kuznetsov of Russia during day two of the ATP Monte Carlo Rolex Masters Tennis at Monte-Carlo Sporting Club on April 17, 2017 in Monte-Carlo, Monaco. (Photo by fotopress/Getty Images)

最終更新:4/18(火) 14:00
THE TENNIS DAILY