ここから本文です

ロバート秋山と思いきや、唐沢佐吉がサプライズ出演

TOKYO FM+ 4/18(火) 20:00配信

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、4月18日(火)の放送は、お笑い芸人のロバート秋山さん……、ではなく今話題のテレビプロデューサーの唐沢佐吉さんが登場しました。

「ロバート秋山はいないよ! 俺出ていいんだよね! (たかみなにも)一度会ったもんね、この前仕事したもんね。たけしさんと対談したよね!」と、のっけから飛ばしまくりの唐沢さん。
ちなみにたけしさんとはビートたけしさんではなく、華道家の鶴丸たけしさんです……。

もともとは関東テレビでプロデューサーとして活躍し、現在は制作会社ブルースリーメディア代表取締役。今もテレビに関することはなんでもやっているという唐沢さん。ここ最近はその独特なキャラクターとしゃべりで大人気、テレビにもひっぱりだこですが、プロデューサーとして手掛けた番組は数知れず。この日もすでにテリーさん(テリー・ジョージ)との帯番組「どんな感じですか2時」を収録してきたそうです。

長年業界で活躍している唐沢さんにテレビを作ろうと思ったきっかけを尋ねると、「元気な瞬間はたくさんあるけど、自分の目の前で起こる元気なことを録画できねーのかって思って。自分の脳だけで終わっちゃうのがもったいないじゃん」と意外にもマジメな答えが。

さらには、今のメディアに関しても「いろいろ多様化してるからよ……」と前置きしつつ、「BS、CSと何チャンネルもあるわけだけど、それはそれで必要あるのかい? 面白いのかい?」と言い、さらには「全部同じはつまんねー」ときっぱり。

その昔、唐沢さんがADをしていたときはとにかく火薬の時代で、迫力の演出のためにはビル破壊もいとわない、そんな時代だったとか。昔話に饒舌になる唐沢さんでしたが、「今は一番厳しい時代だろうな~」と思わぬ本音が飛び出しながらも、「それを言ったら終わりよ、元気がねぇ時代だからこそ元気ださねーと」とあくまで前向きな唐沢さんでした。

番組の途中、タバコが吸いたいと席を外してしまった唐沢さん。しかし、そこで入れ替わりに登場したのは、たかみなも会いたかったという劇団えんきんほう所属の天才子役上杉みちくん。これにはたかみなもビックリ、この日一番の笑顔を見せていました。

さらに唐沢さんに“芸能界を生き抜くコツ”を聞いてみると、「一生懸命やってる姿も大事だけど、レディオもテレビも数字を気にし過ぎ」とばっさり。「数字を気にしているうちは(数字を)取れないよ」、「計測不能の番組にしないと意味ねーよ」、「(視聴率が)測れる次元は終わり、測れちゃダメ、針を振り切って壊せ!」と言いたい放題。とはいえ、それが少なからず的を射ているのもスゴいところ。

終始パワフルなトークでリスナーを圧倒していた唐沢さんでしたが、最後にたかみなからサプライズマンデーの出演オファーをされると突如焦り出し、「実はこの40分くらいも結構心配で……。今日も大丈夫だったかなこれで……」とロバート秋山さん(?)が見え隠れ。そんな不安を含めて、この日のスタジオは終始大爆笑。たかみなも「全然大丈夫でしたよ、またぜひ来てください。今度はYOKO FUCHIGAMIさんやみちくんなどぜひみなさんで!」と本気でお願いしていました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年4月18日放送より)

最終更新:4/18(火) 20:00

TOKYO FM+