ここから本文です

千葉女児殺害、連れ去り後遺棄現場へ 「知っている人でも…」保護者が心境を吐露

AbemaTIMES 4/18(火) 15:33配信

 先月、ベトナム国籍の小学3年生の女児が殺害された事件で、逮捕された男の軽自動車が、女児の行方不明当日の昼過ぎには市内を離れ、ランドセル等の遺棄現場の方へ向かっていたことが分かった。

 渋谷恭正容疑者(46)は先月、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体を我孫子市の排水路付近に捨てた疑いをかけられており、事件当日の朝、松戸市で通学途中のリンさんを軽自動車で連れ去り、キャンピングカーに連れ込んだとみられている。

 捜査関係者への取材で、当日午後1時頃、渋谷容疑者の軽自動車が松戸市を出て、リンさんのランドセル等が捨てられていた茨城県の方向に向かって移動する姿が防犯カメラに映っていたことが新たに分かった。

 警察は、渋谷容疑者が当日昼過ぎには遺体などを遺棄する現場を探していた可能性もあるとみて調べている。

 同地区では、渋谷容疑者の逮捕後初めて児童が保護者に付き添われながら登校。保護者は「学校では知らない人について行かないと教えられているんですけど、知っている人でもついて行っちゃダメだよと教えなきゃいけないなと思いました」と危機感を露わにした。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:4/18(火) 15:33

AbemaTIMES