ここから本文です

“フェラーリ目指す”国産EVスーパーカー「GLM G4」2019年に発売!価格は4千万円

オートックワン 4/18(火) 17:20配信

トミタ夢工場のブランドであるトミーカイラが発売した初代ZZの意思を受け継ぎ、国産初のEVスポーツカーとしての“トミーカイラZZ”を発売したGLM株式会社は、新たに4ドア・4人乗りのEVスーパーカー“GLM G4”を2019年を目途に量産化すると発表した。

跳ね上がる4枚ドアが美しいEVスーパーカー“GLM G4”日本初公開/画像ギャラリー

想定価格は4000万円で、販売台数は日本以外にも欧州、香港、中東、中国と世界展開を視野に入れており、1000台の販売を目指す。

GLM G4は高出力モーターが2機搭載されており、最高出力400kW(540ps)最大トルク1000Nmを発生。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/hで航続距離は400kmという。

エクステリアは、前後ドア4枚が跳ね上がる美しい“Abeam Sail door(アビームセイルドア)”を採用する。

GLM 代表取締役社長の小間裕康氏は、GLMの今後の方向性について「G4を通して(GLMを)日本の技術のテクノロジーショーケースにしたい」とする。

小間氏によると、日本の高いテクノロジーをまずはG4で体現することで知ってもらい、その良さを他の会社へも提供し、最終的にはこれから次々と現われるであろう自動車産業以外のプレイヤーとともに新たな自動車ビジネスを作り上げていきたい、と語った。

またGLM 取締役の田中智久氏は、GLMは和製テスラでは、という記者からの質問に対して「和製テスラと呼ばれることは多いのですが、我々が見ている世界は少し違うところにあると思っています。 例えるなら、我々が目指しているのはEV版のフェラーリといいますか、高付加価値の車両を提供できるメーカーになりたいと考えています」と話した。

GLM G4は、年内には試作車での走行テストが実施予定となっている。

最終更新:4/18(火) 17:44

オートックワン