ここから本文です

パナソニック幹部と偽り詐欺の疑い 現金2万円騙し取る

AbemaTIMES 4/18(火) 16:00配信

 大阪や広島などで大手の家電メーカーの幹部であると偽り、詐欺を繰り返していたとして指名手配されていた男が16日、和歌山市で逮捕された。

 宮崎市の自称・造園設計事務所代表の森本豊容疑者は昨年8月、大手家電「パナソニック」幹部になりすまし、通りすがりの男性から現金2万円を騙し取った疑いが持たれている。森本容疑者は事件後、広島県警から指名手配されていた。

 16日、和歌山市内で捜査員が森本容疑者を発見し任意同行、そして逮捕に至る。調べに対し森本容疑者は「私がやったことではなく何も知りません」と容疑を否認している。

 森本容疑者は同様の手口で大阪でも現金を騙し取ったとして、大阪府警からも公開指名手配されていた。

 今回の詐欺のポイントは「名刺を渡された」ということ。詐欺・悪質商法ジャーナリストの多田史明氏によると、日本人は“肩書き”に弱い人が多いという。名刺で身分を証明された安心感だけでなく、大企業「パナソニック」の幹部ということでさらに大丈夫と思わせる「悪質な手口だ」とコメントした。名刺を渡されたからと言って、安易な行動をとらないことが重要だ。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:4/21(金) 14:08

AbemaTIMES