ここから本文です

巨人菅野、3安打快投で今季初完封! 阿部が2本の適時打で援護し3連勝

4/18(火) 20:39配信

Full-Count

昨年4月13日以来の完封、ヤクルトの熊本出身・山中は好投も…

 巨人の菅野智之投手が18日、熊本でのヤクルト戦で9回3安打無失点と快投。今季初完封で2勝目を挙げた。巨人は阿部の2本のタイムリーなどで3-0で勝利。3連勝を飾った。ヤクルトは熊本出身の山中が7回9安打2失点と好投も、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。

 菅野は初回、3者凡退の好スタート。すると、打線がその裏に阿部のタイムリーで1点を先制した。

 2回は2死から中村に四球を与えるも、谷内は中飛で3アウト。3、4回は3者凡退。5回は先頭・雄平を二塁内野安打で出し、2死から西浦に四球で一、二塁としたが、ピッチャーの山中を一ゴロに打ち取った。

 その裏、菅野は先頭でセンター前ヒット。この日2本目のヒットでチャンスを作る。1死から熊本出身・立岡のヒットで菅野は三塁まで激走。坂本は捕邪飛に倒れるも、阿部がライトへタイムリー。2本目の適時打で菅野を援護した。

 菅野は6、7、8回も3者凡退とギアを上げる。打線は8回に代打・長野の犠飛で3点目を奪取。菅野は102球で9回のマウンドに上がると、無失点に抑えて今季初完封勝利。昨年4月13日のヤクルト戦(神宮)以来の完封で今季2勝目を手にした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/18(火) 20:39
Full-Count