ここから本文です

楽天4連勝で貯金9、オリックスも3連勝 パ・リーグ上位2チームが好調維持

4/18(火) 20:55配信

Full-Count

楽天は辛島が6回無失点の好投、オリックスは中島が決勝犠飛

 パ・リーグ首位の楽天と2位オリックスが18日の揃って快勝。楽天は4連勝、オリックスは3連勝とした。

 楽天は大宮での西武戦で先発・辛島が6回3安打無失点と好投。打線は岡島が2回に先制タイムリーを放つと、5回にはペゲーロのニゴロの間に1点を加えた。7回は森原、8回はハーマン、9回は松井裕とつないで2-0で快勝した。

 オリックスは静岡で日本ハムと対戦。先発ディクソンは初回に近藤に先制タイムリーを許すも、2、3回とランナーを出しながら粘り失点を許さない。すると、打線は4回にロメロが同点ソロ。6回には小谷野のヒットなどでチャンスを作ると、中島の犠飛で勝ち越し。9回には武田のタイムリーで1点を追加した。

 ディクソンは6回7安打1失点で降板。7回は吉田、8回は黒木、9回は平野とつないでリードを死守。3-1で勝利した。

 昨年は楽天が5位、オリックスが最下位に沈んだが、今季序盤戦はともに好調を維持。楽天は貯金9、オリックスは貯金4とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/18(火) 21:05
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 9:20