ここから本文です

今やベイルより信頼できる! レアルサポーターの願いはバイエルン戦での“トップ下・イスコ“

4/18(火) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

サポーターの期待が集中

18日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝2ndレグでバイエルンと対戦するレアル・マドリードは、BBCの一角であるガレス・ベイルが負傷で欠場することになっている。1stレグではいつものようにベイル、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマを前線に並べていたが、2ndレグでは別のやり方を考える必要がある。

今季のレアルの勝負強さは異常なレベル

スペイン『as』によると、サポーターが最も期待しているのはMFイスコの先発出場だ。同メディアのおこなったアンケートではイスコがベイル以上に多くの票を集め、トップ下で起用してほしいとの意見が多かったようだ。

その場合のシステムはベンゼマとロナウドが2トップ、その背後にイスコが入り、インサイドハーフにトニ・クロースとルカ・モドリッチ、そしてアンカーにカゼミーロと中盤がダイヤモンド型になる。以前イスコはトップ下で結果を出しており、サポーターが10番の位置での起用を望むのは当然と言える。

イスコは15日に行われたスポルティング・ヒホン戦でも華麗なテクニックを披露し、2得点を記録している。特に1点目は圧巻で、今のベイルの状態を考えればサポーターがイスコの方を好むのは当然と言えるだろう。果たしてジネディーヌ・ジダンはどんなシステムでバイエルン戦に臨むのか。マルコ・アセンシオなども好調だが、11人目のチョイスは大きなポイントとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報