ここから本文です

ヤマト、「残業代」で業績下方修正

ホウドウキョク 4/18(火) 22:41配信

宅配最大手のヤマトホールディングスは、従業員に対し、未払いの残業代あわせて190億円を支給することを発表するとともに、業績を大幅に下方修正した。
ヤマトホールディングスは、宅配ドライバーなどおよそ8万2,000人を対象に、過去2年間にわたる未払いの残業代について調査を行ってきたが、調査対象の半数以上にあたる4万7,000人に未払いがあり、総額で190億円の一時金を支払うと発表した。
これを受け、ヤマトは、2017年3月期の最終利益の見通しを、これまでの予想より150億円少ない、190億円に大幅に下方修正した。

最終更新:4/18(火) 22:41

ホウドウキョク