ここから本文です

青木崇高「実は繊細で見掛け倒しです」

4/18(火) 21:00配信

Lmaga.jp

俳優・青木崇高と芥川賞作家・本谷有希子が、レギュラー番組初挑戦となる新番組『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)が4月18日からスタート。初回放送を前に、スタジオキャストの青木がコメントを発表した。

番組では、「今もっとも見たい女性」に密着し、彼女たちがいつもしている7つのルールについて掘り下げていく。第1回の主人公は、ダンサーの菅原小春(25歳)。2015年にCMでスティービー・ワンダーと共演したほか、人気アーティスト・三浦大知の振付を担当、さらにはバーニーズニューヨークの広告に起用されるなど、今もっとも注目を集める日本人女性のひとりだ。

初回の放送では、主人公のドキュメンタリー映像を観て、台本無しでトークを展開させていくスタジオキャストたちだったが、初回とあって手探り状態。番組の司会は初めてとなる青木が「髭こそこんなに生やしてるけど、実は繊細で見掛け倒しなんですよ」と告白することで、4人のトークも次第に噛み合っていったという。

収録を終えて、「緊張感はまったくなかったです。僕は20歳の頃に役者になろうと思って、バラエティは番宣しか出ないって決めてたんです。でもこの歳になって、いろいろな人に会い、面白い経験をして、表現を取り入れたいなと思っていたところにお話をいただいて。若い時に決めたルールは変えてもいいのかなと。収録では難しいことを考えず、感じたままを言おうと思いました」と語った青木。番組は4月18日より毎週火曜・23時から放送される。

最終更新:4/18(火) 21:00
Lmaga.jp