ここから本文です

「ホタルイカおいしい」 滑川の小中学校・幼稚園で給食

4/18(火) 14:24配信

北日本新聞

 地元特産の新鮮なホタルイカを使った給食が18日、滑川市の全小中学校9校と幼稚園4園で出され、児童と教職員約3200人が富山湾の春の味覚を満喫した。

 この日の朝に水揚げされたホタルイカ90キロ(約1万5千匹)が市学校給食共同調理場(滑川市柳原)に運ばれ、調理員が一つずつ目玉を取り除き、カレー風味の天ぷら「ホタルイカボンボン」にした。地元で採れたコゴミと菜の花のあえ物、滑川産の野菜などを使った吸い物も添えた。

 南部小学校(同市赤浜)では5年生26人が上田昌孝市長らと共に味わった。藤井誠也君(10)=同市柴=は「内臓がとてもおいしい」と笑顔で話した。市の浜谷美智代栄養教諭と市のキャラクター「キラリン」「ピッカ」がホタルイカのクイズを披露した。

 市教育委員会が毎年、地産地消に理解を深めてもらおうと開いている。

北日本新聞社

最終更新:5/4(木) 12:40
北日本新聞