ここから本文です

19日に不発弾処理 糸満市兼城 避難対象世帯なし

4/18(火) 9:55配信

沖縄タイムス

 【糸満】糸満市兼城で見つかった米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理が19日午前10時から発見場所の近くである。午前9時45分から周辺の交通規制が始まる。終了は正午見込み。

 避難半径は166メートル、避難対象となる世帯や事業所はない。現地対策本部は糸満市兼城区コミュニティーセンター。

最終更新:4/18(火) 9:55
沖縄タイムス