ここから本文です

スーパーGT:オートポリスタイヤテストの2日目はドライ。RAYBRIG NSX-GTがトップタイム

4/18(火) 20:48配信

オートスポーツweb

 オートポリスで開催されたスーパーGTのタイヤテスト2日目は4月18日、2日目の走行が行われた。1日目はウエットとなったオートポリスだが、午後にはドライ路面となり、5台が参加したGT500クラスではRAYBRIG NSX-GTが、7台が参加したGT300クラスではJMS P.MU LMcorsa RC F GT3がトップタイムをマークした。

【本山哲が駆るMOTUL AUTECH GT-R】

 前日の春の嵐は未明のうちに去ったものの、終日強い南西の風が残った。9時30分、気温13℃で始まった序盤は霧が流れるように発生したものの、セッションが中断するほどではなく、開始1時間が経過するころから一部路面が徐々に乾いていった。

 しかし、ところどころにはウエットパッチが残り、完全ドライコンディションとはならなかった。各車とも前日履くことができなかったスリックタイヤを取り替えながらセッションは進行。12時まで2時間半のセッション終盤に、1分35秒010でトップに立ったのはカルソニック IMPUL GT-Rの安田裕信。GT300クラスではJMS P.MU LMcorsa RC F GT3の中山雄一が唯一1分45秒を切る1分44秒864でトップにつけた。またこのセッションではMOTUL AUTECH GT-Rを千代勝正がドライブする姿も見受けられた。

 1時間半のインターバルを挟み、午後のセッションは13時30分にスタート。晴れ間が出て、路面もドライコンディションとなったが、気温は13℃のままで風に当たると肌寒い。開始直後にはMOTUL AUTCH GT-Rには本山哲が乗り込み、12周ほどで2セットのタイヤを確認したようだ。

 開始30分を過ぎたころ、RAYBRIG NSX-GTの伊沢拓也が1分34秒657をマークしタイミングモニターのトップに躍り出た。この日はセッションは一度も中断することなく淡々と進み、この後、ZENT CERUMO LC500の石浦宏明が伊沢のトップタイムに1/1000秒差まで迫るものの上回る車両はなく、2時間半のセッションは16時に終了となった。GT300クラスでは中山が自身のベストタイムを1分43秒916まで縮めてトップを守った。

 今回のテストでベストタイムをマークした伊沢は「昨日と今日でいろいろなことを試しましたが、新規定の車両になってからいちばんフィーリング良く走れるテストになりました。今日のベストタイムにも満足しています。特に今日は収穫が多く、ひとつでも前に進んでいると感じられる充実したテストでした」と満足そうな笑顔を見せた。

 またGT300でトップの中山は「RC F GT3では初めてのオートポリスでの走行でしたから、タイヤや車両の基本的なことを確認し、データを取ることができました。路面にラバーグリップがのっているわけでもなく、まわりがどんな状態で走っているかも分かりませんが、感じたフィーリングはエンジニアに伝えることができました。今回のデータは次の富士にもつながると思います。そういう意味でも収穫がありました」と今回の自分の仕事を振り返った。

スーパーGT オートポリス タイヤメーカーテスト 4/17~18タイム
Pos/No/Class/Car/4/17/4/18 AM/4/18 PM
1/100/500/RAYBRIG NSX-GT/1'43.783/1'35.437/*1'34.657
2/38/500/ZENT CERUMO LC500/1'43.021/1'35.382/*1'34.658
3/23/500/MOTUL AUTECH GT-R/1'45.532/1'36.200/*1'34.921
4/12/500/カルソニックIMPUL GT-R/1'43.709/*1'35.010/1'35.369
5/64/500/Epson Modulo NSX-GT/1'43.449/*1'36.779/1'36.786
6/51/300/JMS P.MU LMcorsa RC F GT3/1'51.683/1'44.864/*1'43.916
7/11/300/GAINER TANAX AMG GT3/1'50.934/1'45.201/*1'43.920
8/65/300/LEON CVSTOS AMG/1'52.032/1'45.113/*1'44.008
9/61/300/SUBARU BRZ R&D SPORT/1'50.328/1'45.329/*1'44.523
10/55/300/ARTA BMW M6 GT3/1'51.908/1'45.067/*1'44.603
11/31/300/TOYOTA PRIUS apr GT/1'51.999/1'45.483/*1'44.972
12/10/300/GAINER TANAX triple a GT-R/1'51.923/1'46.309/*1'45.536


[オートスポーツweb ]