ここから本文です

外国人観光客「マナー守って」 金沢市がリーフレット

4/18(火) 1:23配信

北國新聞社

 金沢市は、北陸新幹線開業後に急増した外国人観光客向けに、ごみのポイ捨てや路上喫煙の防止などのマナーを紹介するリーフレットを作った。英語、中国語版があり、17日以降に市内の観光案内所や旅館、文化施設などに置き、観光客に持ち歩いてもらう。

 リーフレットには、市ぽい捨て等防止条例に基づき、金沢駅や兼六園などの重点区域でごみのポイ捨てや路上喫煙が禁止されていることを記載したほか、トイレットペーパーは便器に流すなど計14項目を紹介している。

 市場での食べ歩きや生鮮食品をむやみに触ることへの注意、寺院に参拝する際はサングラスや帽子を着用しないこと、飲食店の予約を急にキャンセルしないことなどが盛り込まれた。

 「金沢の旅の作法~マナー&エチケットガイド」と題したリーフレットはA3判の八つ折りで、日本語も併記した。市民協働推進課の担当者は「市民も観光客も、お互いに快適に過ごせるまちづくりを進めていきたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:4/18(火) 1:23
北國新聞社