ここから本文です

夏日のち雨 ひがし茶屋街

北國新聞社 4/18(火) 1:23配信

 17日の石川県内は日本海を発達しながら進んだ低気圧の影響で午後から雨となった。南から暖かく湿った空気が流れ込み、気温が上昇し、最高気温は金沢で7月上旬並みの26・7度、白山河内と加賀菅谷で25・7度と3地点で、今年初めて夏日となった。

 金沢市のひがし茶屋街では、晴天だった午前とは打って変わって午後から降りだした雨に、慌てて傘を差す観光客の姿が見られた。

 金沢地方気象台は18日午前まで雨が続き、風も強まるとみて、県内全域に強風・波浪・雷注意報を発令して注意を呼び掛けた。

北國新聞社

最終更新:4/18(火) 1:23

北國新聞社