ここから本文です

「ラストだけっすね」。尚志初の高校選抜メンバー、右SB常盤悠がラストタッチで見事なアシスト

4/18(火) 13:09配信

ゲキサカ

[4.17 デュッセルドルフ国際ユース大会5位決定戦 日本高校選抜 3-0 クルゼイロ]

 右足に魂を込めた。日本高校選抜は2-0で迎えた後半ラストプレーでMF鳥海芳樹(桐光学園高→桐蔭横浜大)が右サイドのスペースへボールをはたく。これを後方から走り込んできた右SB常盤悠(尚志高→新潟医療福祉大)が得意の右足で高精度クロス。ピンポイントのクロスボールをファーサイドのMF松本泰志(昌平高→広島)が頭でゴールへ沈めると、日本高校選抜の笑顔が弾ける中で試合終了の笛が鳴らされた。

 常盤はデュッセルドルフ国際ユース大会において、日本高校選抜で最も出場時間の少ない選手だった。予選リーグ第3戦のザルツブルク戦で後半22分から試合終了までの約3分間ピッチに立っただけ。今回、5試合目で初先発を果たしたSBは、同じく5試合目での初先発ながらも先制点を決めたMF大塚諒(前橋育英高→立教大)に続く得点に絡むプレーをして、大会を終えた。

 本人は「ラストだけっすね。自分のいいところを出せたのは。前半から結構上がっていたんですけど、SHとの連係があまりうまく行かなかったので最後だけだなと思います。DF側として守備の面でも結構やられていたんで、それを取り戻すためじゃないですけど、攻撃で最後ああいう形で終われたのは良かった」と微笑。それでも「(松本)泰志がファーサイドでフリーだったので正確に出せたと思います」というクロスは見事なアシストだった。尚志の選手として初の日本高校選抜欧州遠征メンバーとなった常盤がラストタッチで残した記録。恩師である仲村浩二コーチ(尚志高監督)も満面の笑みで教え子のプレーを喜んでいた。

 “ラスト”のプレーは印象的だったが、本人は満足していない。守備面では粘り強い対応を見せていたものの、テクニカルなクルゼイロのアタッカーに1対1の場面で剥がされたり、スピードに乗った相手を遅らせることができないシーンもあった。だからこそ、「得点に絡めたことは良かったんですけど、自分は守備側の人間なんで。1対1とかやられていた場面が結構あったので、日本に帰ってしっかりと修正して、対人のところでもっと強くならないといけないと思った欧州遠征でした」と成長を誓う。体感した世界レベルを忘れずに、自分のレベルを引き上げて次の目標にチャレンジする。
 

最終更新:4/18(火) 13:09
ゲキサカ