ここから本文です

マツコ、赤荻歩アナに「トイ・プードルじゃない!」

日刊スポーツ 4/18(火) 10:20配信

 マツコ・デラックスが、TBSの赤荻歩アナウンサー(35)に痛烈なダメ出しでぶった切った。

【写真】TBS井上アナ「ビビット」涙の卒業で「放送事故」

 18日放送の同局系「白熱ライブ ビビット」は、マツコが赤荻アナのインタビューに応じたVTRをオンエアした。

 マツコは4月から同番組の担当になった赤荻アナに、前任の井上貴博アナに比べて「がっつきが足りないところがある」と指摘。「むずかしいんだって、バランスが。“バランス良く”は難しいんだよ、何かを捨てなきゃいけないといけないんだよ。トイ・プードルとか言ってる場合じゃないんだよ!」と、赤荻アナが2010年に一般女性と結婚した際、きっかけがトイ・プードルだったと発言したことをイジり、「いい年した男性アナウンサーが『結婚のきっかけはかわいいトイ・プードルです』って言ったときの世間の反応が読めなきゃダメっていってんだよ!」とダメ出しした。

 そんな赤荻アナは、マツコに「(アナウンサーとしての)武器が欲しい」と相談。「知らねーよ、自分で探せよ!」とはねつけられたが、「正直、人当たりの良さはあると思います」と果敢(かかん)に自己アピール。しかしマツコからは「今日、短時間とはいえ、こうしてやらせていただいた感想を言うね。(人当たりの良さは)全くないぞ」と切り捨てられた。

 マツコは「人当たりっていうのは、どこを取って“人当たり”って言うかだよ。穏やかで角を立てずに滞りなくやるのも人当たりだけど、ちゃんとアイツら(スタッフ)が喜ぶものにできるかどうかも人当たりだろ?世間一般の人当たりは前者でいいかもしれないけど、この人たち(スタッフ)との関係性を考えた場合は、性格悪くてもいいから面白い仕上がりにしてくれた人の方が、人当たりよりも優れちゃうわけよ」と、真摯に説明した。

 そこでマツコは赤荻アナに、ほかのアナウンサーと被らないキャラクターを身につけるべきだとアドバイス。「エロがいないわ、TBS」と指摘するとともに、「アンディだったんだよ、本当は! 忘れんなよそれを!」と、安東弘樹アナのような強烈なキャラクターのアナウンサーがいないことを残念がった。

最終更新:4/18(火) 10:53

日刊スポーツ