ここから本文です

ホンダ、ロードスポーツモデル「CBR650F/CB650F」のデザインを刷新

オートックワン 4/18(火) 16:34配信

ホンダは、ロードスポーツモデル「CBR650F」と「CB650F」より先鋭的でスポーティなスタイリングに刷新するとともに、吸気・排気のトータルエアマネジメントを徹底的に追求し、出力を向上させるなど、力強い走りをさらに熟成させて4月14日より発売した。

このニュースのフォトギャラリー

「CBR650F」と「CB650F」は、低回転域から高回転域まで力強い出力特性の直列4気筒エンジンと、扱いやすい車体サイズで好評を得ている。

<主な変更点>

「CBR650F」「CB650F」の両モデルとも650cc・DOHC・直列4気筒エンジンの動力性能をさらに引き出すため、より多くのエアを導入する吸気流路を新設し、エアファンネルの短縮化やマフラーの内部構造を3室から2室に変更することで、最高出力を5kw(7馬力)向上させた。

これにより、低・中回転域のトルク特性の向上と、高回転域の伸びを両立。加えて、トランスミッションの2速から5速の変速比をローレシオ化することで、力強い加速フィーリングを実現した。

また、フロントサスペンションには、新たに減衰力特性に優れたショーワ製「デュアル ベンディング バルブ」を装着することで、しなやかで路面追従性に優れた上質な乗り心地を実現している。

リアには従来同様、路面状況やユーザーのライディングに合わせて調整可能な7段階プリロードアジャスターを採用。ブレーキにはフロント、リアともに放熱効果に優れたウェーブディスクを装着し、フロントに320mm大型ダブルディスクと2ポットキャリパー、リアに240mmディスクと1ポットキャリパーを組み合わせている。さらに、前・後輪のロックを回避するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)も標準装備している。

<CBR650F>

シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用するとともに、ヘッドライト周辺のカウル形状を見直すことで、走行時により多くの空気を吸気ダクトに導入する構造としている。

カラーバリエーションはヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトの全3色を設定。ヴィクトリーレッドはトップエンドモデルのCBR1000RRのカラーリングを想起させるブラックとホワイトのスポーティなストライプを採用している。マットガンパウダーブラックメタリックとパールグレアホワイトはミドルカウルとシートカウルに専用ストライプを採用。アンダーカウルにホンダロゴを配している。また、シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーをブロンズ色とすることで高級感を演出した。

1/2ページ

最終更新:4/18(火) 16:34

オートックワン