ここから本文です

4000万円スーパーカーで「官能的時間」、EVベンチャーが販売1000台へ

Bloomberg 4/18(火) 13:03配信

電気自動車(EV)の製造・販売を手掛ける国内ベンチャー企業、GLMは想定価格4000万円のEVスーパーカーを2019年に量産する計画だ。年内に試作車の走行テストを実施する予定で、世界で1000台の販売を目指している。

18日の発表資料によると、EVスーパーカー「GLM G4」は専用開発のモーターを前後に2機搭載した四輪駆動で最高出力400KW(540馬力)、最高時速が250キロメートル、航続距離は欧州標準試験モードで400キロメートル。発進から時速100キロメートルまで3.7秒となっている。4人乗りで、前後ドア4枚が高く跳ね上がる格好だ。

車両コンセプトは「路上を走るヨット」で、静寂で優雅に走り、「官能的な時間を与えてくれる車」を目指している。欧州や香港を中心に、中東や中国、日本で販売を計画している。GLMの小間裕康社長は都内の発表会で、「G4」について「EV版のフェラーリ」と述べ、「非常に良質な技術を投下」する車両になり、「日本の部品メーカーのテクノロジー・ショーケースとして上手く活用してもらえる立ち位置に」なるとした。

GLMは、小間氏が京都大学院生のときの大学のEV開発プロジェクトを母体に10年4月設立。本社は京都市で、開発拠点は日産車体京都工場跡地内にあり、技術者15人を含め従業員が22人。スポーツカータイプのEV「トミーカイラZZ」を15年10月から量産している。

Emi Nobuhiro, Hideki Asai

最終更新:4/18(火) 13:03

Bloomberg