ここから本文です

V6岡田、妊婦の安藤サクラ乗せ緊張ドライブ「4人乗せてる気持ちで」

デイリースポーツ 4/19(水) 5:00配信

 V6の岡田准一(36)が18日、富山市で行われた主演映画「追憶」(5月6日公開)のヒット祈願とがい旋トークイベントに参加した。撮影から約1年ぶりの富山で約4500人から熱烈に歓迎された岡田は、かつてない緊張感を漂わせていた。会場に自ら車を運転して登場したが、妊娠8カ月の安藤サクラ(31)が同乗していたため。細心の注意を払った岡田は「異常に緊張してました」と苦笑いで振り返った。

 映画のPRでは、さまざまなイベントを経験してきた岡田だが、この日のオープニングのドライブだけは勝手が違った。

 岡田は劇中で使用したものと同型のトヨタ・ハリアーを自ら運転して登場。同乗者は安藤に加え、降旗康男監督(82)、木村大作カメラマン(77)。妊婦と年配男性というメンバーに「異常に緊張してました」と明かした。安藤から「電車なら席を譲られる人ばっかりだったからね」と突っ込まれると、「(おなかの子を含めて)4人乗せてる気持ちで運転してました」と“もう1人”の同乗者も意識していたことを告白した。

 入場時には1点を見つめて硬い表情のままだったが、退場時は木村カメラマンが運転したため、一転リラックスモード。集まったファンに笑顔で手を振っていた。

 イベント前には岡田と木村カメラマンが交代でハンドルを握り、富山県内を巡った。撮影現場となった氷見市の小杉漁港を訪れたり、岡田の役名と同じ表記の四方神社でヒット祈願も行った。互いを「准ちゃん」「大ちゃん」と呼び合う2人は息もピッタリ。岡田は「結構深い話や言えない逸話も聞きました」とここではドライブを楽しんだ様子だった。

 出産を間近に控え、幸せいっぱいの安藤は、共演者でもある夫の柄本佑(30)との富山デートを暴露された。昨年の撮影時期がちょうど桜の季節だったことから、出演者らは撮影後の時間の余裕のあるときに、川沿いの桜を見物していたという。木村カメラマンが「だんなも来てたんで、桜並木を2人で手をつないで歩いてたよね」と暴露すると、安藤は大テレ。「みんなでも行ったでしょ」と必死で話をそらしていた。

 今作は富山が舞台で、岡田演じる刑事の四方篤が、1つの殺人事件をきっかけに、25年ぶりに幼なじみと再会し、心を揺り動かされる姿が描かれる。

最終更新:4/19(水) 5:00

デイリースポーツ