ここから本文です

交際相手を死亡させた少年を「逆送」 兵庫・洲本市

関西テレビ 4/19(水) 6:17配信

関西テレビ

去年12月、兵庫県洲本市で当時高校1年だった少年が交際していた女子生徒の首を絞めて死亡させた事件で、神戸家庭裁判所は、少年を検察官に送り返す決定を出しました。

兵庫県洲本市の当時、高校1年だった少年(16)は去年12月、交際していた同じ高校の女子生徒(16)の首を絞めて殺害した疑いで先月逮捕されました。

少年が殺意について否認したため、神戸地方検察庁は、「殺意が認められない」として、少年を「傷害致死」の非行事実で神戸家庭裁判所に送致していました。

神戸家庭裁判所は18日「犯行は危険で悪質なもので偶発的に死の結果が生じた事案ではない」と指摘し、少年を検察官に送り返す「逆送」の決定を出しました。

少年は今後刑事責任を問われることになります。

最終更新:4/20(木) 0:56

関西テレビ