ここから本文です

キラキラ青く輝く天の川?!鮮やかなブルーが美しいネモフィラの花、見頃♪<伊豆四季の花公園>【伊東市】

伊豆新聞 4/19(水) 11:52配信

 伊豆四季の花公園の城ケ崎海岸、伊豆七島を望む「つなきり岬」付近で、ネモフィラの花が見頃を迎え、鮮やかなブルーの花が来園者を楽しませている。

 同園のネモフィラは、2011年に植栽をはじめ、現在は約3千株。担当スタッフによると、5月下旬まで楽しむことができるという。

 ネモフィラは、和名を「ルリカラクサ(瑠璃唐草)」といい、幼い子どもの青い目を連想させることから、英名は「baby blue eyes」。

 澄んだ青色が印象的で、小さな花が風に揺られてキラキラ輝くと、まるで「天の川」のように見える。ネモフィラの青、ネモフィラ越しに眺める海、空の3つの青のコントラストはとても素晴らしく、今の季節しか見られない絶景。

 また、早春の低温の影響で開花が遅れていたマーガレットもようやく見頃を迎え、キンギョソウ、ガザニア、ゼラニウムなどのカラフルな春の花も楽しめる。(M)

◆施設名:伊豆四季の花公園

◆住所:伊東市富戸841-1

◆営業時間:午前9時~午後5時(3月~10月)、午前9時~午後4時(11月~2月)

◆入園料:小学生以上 500円

◆駐車場:有料駐車場あり

◆問い合わせ:伊豆四季の花公園 0557-51-1128 

最終更新:4/28(金) 11:00

伊豆新聞