ここから本文です

クロップ、5年後の監督業引退を示唆「10個のクラブを率いたいとは思わない」

GOAL 4/19(水) 11:37配信

ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプールとの契約満了後に監督業から引退すると『シュポルト1』に語っている。

2001年にマインツでコーチングキャリアを歩みだしたクロップ監督は、2008年までの7年間オペル・アレーナで指揮を執っていた。その後ボルシア・ドルトムントの監督に就任し、7年間で2度のリーグタイトルを獲得。2014-15シーズンを最後に一時現場から退くも、2015-16シーズンの途中よりアンフィールドのベンチに座っている。

クロップは「10個の異なるクラブを率いたいとは思わない。そうなる前に監督業から引退する。私がいくつものクラブを転々とする姿は想像できない」とリヴァプールの監督を退任した後、監督業から引退することを示唆した。

昨シーズンはEFLカップとヨーロッパリーグの2つの決勝にリヴァプールを導くも、就任1年目でのタイトル獲得には至らなかった。しかし、契約が満了する2022年までに、最低でも1つのタイトルを獲得できることを願っているようだ。

「もしリヴァプールとの契約を全うできれば、何かしらで優勝するチャンスはある。しかし何も獲得できなければ、非常に受け入れがたいものになるだろう。多くの人はリヴァプールがトロフィを掲げる姿を見たいと思っているはずだ」

GOAL

最終更新:4/19(水) 11:37

GOAL