ここから本文です

1500億円詐欺、指名手配の末…=インド大富豪、英国で逮捕

時事通信 4/19(水) 5:31配信

 【ニューデリー時事】英警察は18日、インドのキングフィッシャー航空の創業者で大富豪として知られたビジェイ・マリヤ容疑者(61)を逮捕した。

 銀行からの融資約14億ドル(約1500億円)を詐取した疑いでインドで指名手配されていた。インド外務省は「インド政府の要請に基づく逮捕で、今後は英国で身柄引き渡しに向けた司法手続きが進められる」と発表した。

 捜査当局などによると、マリヤ容疑者は航空部品購入資金などの融資金を国外に隠したり、私的に流用したりした疑いが持たれている。巨額の負債を抱えたまま1年前、国外逃亡した。

 2005年に運航を開始したキングフィッシャー航空は一時、インド2位の航空会社に成長したが、債務過多で12年に行き詰まった。同容疑者は、世界的に有名な「キングフィッシャー」ビールを製造するインドのビール最大手ユナイテッド・ブリュワリーズを父親から受け継いだことでも知られている。 

最終更新:4/19(水) 8:27

時事通信