ここから本文です

4月19日は「飼育の日」 立派に成長!関西の動物たち

関西テレビ 4/19(水) 22:03配信

4月19日は、4・1・9を「し・い・く」と読んで「飼育の日」。
動物の赤ちゃんの話題が各地から集まっています。


姫路セントラルパークで先月生まれた、アミメキリンの赤ちゃん。
体長2mまですくすく育ち、お母さんにミルクをもらって満足げです。
春の動物園はベビーラッシュ。
ウシ科の「ムフロン」や、ワラビーなどの赤ちゃんが次々と誕生しています。

【親子】「かわいかったな」「うん」


城崎マリンワールドのカマイルカの赤ちゃんも、元気いっぱい。
生後10ヵ月で、ジャンプや首振りなどの技を披露できるまでに大きくなりました。

【飼育員】
「本当に賢い子で、好奇心旺盛だなとは思う。少しずつお母さんの真似をして、勝手に(技を)やるようになり始めたので、今はそこを誉めてあげながら、こうやるんだよと教えている段階」


大阪市の天王寺動物園では、飼育員から動物たちに普段よりちょっと豪華なおやつがプレゼントされました。

21日に1歳の誕生日を迎えるジャガーの双子・小助くんと佐助くんには、それぞれカルシウムをまぶしてケーキのように白くした肉1kgをご馳走、のはずでしたが…。

小助くんが、2頭分の肉を独り占め。
少し小柄な佐助くんは、付け入る隙がなかなかありません。

【動物園を訪れた男児たち】
「こわい」
「すごい」
(Q.キリンとジャガーはどっちがかっこいい?)
「ジャガーが好き」

小助くんにとっては、大満足の「飼育の日」となりました。
ちなみにこの後、飼育員が仲裁に入り、2頭とも肉にありつけたそうです。

最終更新:4/20(木) 0:55

関西テレビ