ここから本文です

茨城国体、ボランティア募集開始 北茨城市実行委

茨城新聞クロスアイ 4/19(水) 10:00配信

2019年に本県開催の第74回国民体育大会に向け、同大会北茨城市実行委員会(会長・豊田稔市長、委員90人)は17日から大会運営ボランティアや協賛の受け入れを開始した。県内で最も早いスタートで、同実行委事務局では「早い取り組みでより多くの人に関心を持ってもらい、参加してもらい、おもてなしの体制を整えたい」と話している。

同市が会場となるのはソフトテニス。国体リハーサル大会の全日本実業団ソフトテニス選手権大会が18年8月、国体は19年9~10月に開催される。両大会の運営を支えるボランティアは、受付・案内、会場サービス、環境美化、駐車場整理などの大会運営と、準備協力隊と花つくり隊を募集する。

運営ボランティアは約100人、準備は900人程度を見込んでいる。ボランティア実施時に高校生以上(応募時点で18歳未満は保護者の同意必要)で、受け付け時に参加日や活動内容を希望できる。

協賛は大会運営用や歓迎装飾用などの物品、広報活動への支援、施設などの提供・貸与などで、19年8月30日まで受け付ける。

同実行委が14日開かれ、本年度事業計画案や予算案とともに承認された。豊田会長は「いよいよ本格的な準備に入る」と協力を呼び掛けた。ボランティアなどの問い合わせは北茨城市教育委員会国体推進課(電)0293(43)1111(代表)。

(飯田勉)

茨城新聞社

最終更新:4/19(水) 11:11

茨城新聞クロスアイ