ここから本文です

激白!FC東京・永井「狙うはJ優勝そして2桁得点」その先に…

東スポWeb 4/19(水) 11:03配信

 世界を驚かせた快足ストライカーはハリルジャパンの秘密兵器になれるか。今季からJ1のFC東京に加入したFW永井謙佑(28)が、本紙インタビューに応じた。新天地で苦戦する現状やバヒド・ハリルホジッチ監督(64)率いる日本代表、さらにA代表で台頭するロンドン五輪世代について胸中を激白。“スピードスター”の未来は――。

 ――FC東京での日々はどうか

 永井:(練習場のある)小平は日によって気温が全然違くて。あと、独特なピッチだから慣れるのに時間がかかった。

 ――名古屋から移籍した理由は

 永井:タイトルを取りたい気持ちがあったし、目標やビジョンがはっきりしていたので移籍を決断した。環境を変えて挑戦したい思いもあった。

 ――チームは調子が下降気味。自身も無得点(17日現在)

 永井:自分自身も含めていい連係になっていないし、全然ダメ。最後(シュート)の精度だったり、自分の良さを出せるように周りとやっていきたい。

 ――3年連続J1得点王のFW大久保嘉人(34)も同じタイミングで加入した

 永井:なんでもできる人。もっと近くでプレーしたいというのはある。試合になると守備に追われる時間も多くて、なかなか近くでできていない。

 ――篠田善之監督(45)は特別指定選手として福岡でJデビューを果たした時の指揮官だ

 永井:サッカーのときは熱いけど、それ以外はすごくフレンドリーな方。勝負に対する気持ちは人一倍ある。

 ――2015年9月を最後に日本代表から遠ざかっている

 永井:まずはチームで結果を残さないといけない。そこからだと思う。

 ――3月のロシアW杯アジア最終予選でバックアップメンバーに入った

 永井:微妙ですね…。チームで得点も決めていないし。守備に追われて攻撃の時になかなか良さが出せていないから、そこを徐々に改善していかないといけない。

 ――ハリルホジッチ監督は類いまれなスピードにほれ込んでいる

 永井:攻撃のときに、もっと(ゴール前に)出ていって見せないと。もっとシンプルに、と思う。受け手と出し手との関係もあるし。もっとそこは高めていきたい。アバウトでも出してほしいときがあるので、そこはどんどん要求していきたい。

 ――代表はロンドン五輪で4強に躍進した世代が中心になってきた

 永井:刺激にはなる。ただ、チームでしっかり結果を残さないと厳しいでしょうね。ゴールだったりアシストだったり。今はポジション的にも得点だけという場所じゃないし、両方増やせるようにしたい。

 ――ロンドン五輪を共に戦ったMF東慶悟(26)と再び同僚になった

 永井:チームに慣れるのも慶悟がいてくれたのがデカかった。

 ――関塚ジャパンでレギュラーを争ったFW大迫勇也(26=ケルン)は代表に定着した

 永井:懐がとにかく深い。クルッとターンしてゴール前で打つのがうまいし。あそこまで深い選手はなかなかいない。

 ――今後の目標を聞かせてください

 永井:やっぱりJリーグ優勝。個人的にはゴール2桁を目指していきたい。

 ☆ながい・けんすけ 1989年3月5日生まれ。広島県出身。3歳で移住したブラジルでサッカーを始める。8歳で帰国。福岡・九州国際大学付属高から福岡大に進学。卒業後は名古屋に入団した。2013年1月にスタンダール(ベルギー)に移籍も、8月に名古屋へ復帰。17年にFC東京に移籍した。A代表は大学生だった10年に初招集。12年にはロンドン五輪代表としてベスト4進出に貢献した。178センチ、71キロ。

最終更新:4/20(木) 14:52

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報