ここから本文です

トンネルの向こうは桜の秘境 滋賀、ミホミュージアム

京都新聞 4/19(水) 16:00配信

 満開の桜並木を抜けて、トンネルの途中で振り返った。ステンレスの内壁が、太陽の光を浴びた花の色にうっすらと染まっていた。古美術品を中心とした約2千件の所蔵品を誇るMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)をヤエベニシダレザクラが彩る。
 美術館棟に続く遊歩道に約80本が植わる。美術館は桃源郷をコンセプトに設計された。桜並木の先、洞窟をイメージしたトンネルを抜けると美術品の数々が出迎える。
 カメラを向けていると、来館客も立ち止まり、感嘆の声を上げていた。アーチ型の形状いっぱいに桜が咲き誇る。見とれる人が影絵となり、紅色で埋まる景色に秘境を感じた。

最終更新:4/19(水) 16:10

京都新聞