ここから本文です

【ソフトバンク】ロッテ石川を2軍送り…WBC組容赦なし!千賀11K、内川4打点&デスパ弾

スポーツ報知 4/19(水) 6:04配信

◆ロッテ3―10ソフトバンク(18日・ZOZOマリン)

 強烈な打球音が球場に響き渡った。デスパイネが石川の内角直球を捉えた打球は、大きな放物線を描き左翼席上部の壁を直撃した。同点の5回2死一、二塁。2試合連発となる勝ち越し2号3ラン。「昨年まで同僚だった石川から打ててよかった。ファンにも3年間、応援していただいた」。今季初のZOZOでの試合。古巣のロッテ党に感謝しつつ、特大弾で別れを告げた。

 燃えないワケがなかった。勝ち越し弾の直前。2死二塁でロッテバッテリーは、そこまで2打点だった内川を敬遠気味に歩かせ、デスパイネとの勝負を選択。「(敬遠は)頭になかったが、それを決めるのは相手チーム。燃えたし、モチベーションの上がる場面だった」。前日の17日には休日返上で打撃マシンを相手にバットを振り込んでいた。「一番燃えてほしいところでよく打ってくれた」と工藤監督も最敬礼した。

 WBCキューバ代表の大砲に負けじと千賀、内川の侍メンバーも躍動。千賀は中盤以降、本来の投球を取り戻し、8回までに11奪三振。石川との“侍対決”にも「戦うのはバッター」と自分の投球に集中。3失点(自責1)にまとめ、2勝目を挙げた。4月4日の楽天戦(コボパーク)では則本を過剰に意識し、自己ワーストの7失点で4回KOされた反省を生かした。内川も初回に先制打を放つなど、石川からの2打点を含む3打数3安打4打点の大暴れで、千賀を援護した。

 日本、キューバのWBC代表がかみ合い、連敗は4でストップ。開幕から波に乗れない優勝候補本命が、上昇のきっかけをつかんだ。(戸田 和彦)

最終更新:4/29(土) 12:36

スポーツ報知