ここから本文です

1点争う熱戦、草薙沸く 日本ハムVSオリックス

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/19(水) 9:05配信

 1点を争う好ゲームに歓声が沸いた。18日、静岡市駿河区の県営草薙球場で行われたプロ野球パ・リーグ公式戦の日本ハム―オリックス(静岡新聞社・静岡放送など主催、静鉄グループ特別協賛)。日本ハムの増井浩俊投手=静岡高出身=の登板はなかったが、詰めかけた1万1724人が熱戦を楽しんだ。

 2年連続日本一を目指す日本ハムだが、昨季リーグMVPの大谷翔平投手、打点王を獲得した中田翔内野手らを故障で欠き、開幕から出遅れていた。しかし、草薙に集まったファンの声援は最後まで途切れることはなかった。

 始球式を務めた鳥羽咲跳君=焼津西小4年=は、昨年草薙で行われた日本ハムの試合を観戦し、大谷翔平投手のファンになった。投球はワンバウンドになったが「将来は投手をやりたい」と目を輝かせた。

 セレモニーでは長田野球スポーツ少年団の高木勇佑主将と西奈南野球スポーツ少年団の永野陽大主将が、栗山英樹日本ハム監督と福良淳一オリックス監督に花束を手渡した。主催者代表の大石剛静岡新聞社社長は「熱い声援を送りながら、一緒に楽しみましょう」とあいさつした。

静岡新聞社

最終更新:4/19(水) 9:05

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS