ここから本文です

タイガーマスク・河村さん、太田市長と意見交換 「他の市町村も支援を」

産経新聞 4/19(水) 7:55配信

 児童養護施設などにランドセルを贈る「タイガーマスク運動」の中心となった前橋市の会社員、河村正剛さん(43)が18日、太田市役所を訪れ、清水聖義市長と意見交換した。

 河村さんは、現在県内で養護下にある子供への支援を行うのは前橋市のみとし、県や国を動かすために「まず県内の他の市町村が支援に乗り出してくれれば」と強調。「児童養護施設で暮らす子供のうち大学進学できるのは約3%ほどだ」とその重要性を訴えた。

 清水市長は家庭環境の違いから進学状況に差が出てしまう現状は好ましくないとし、「子供たちへの支援は本来県の仕事。その認識がないのは残念だ」と話した。清水市長は市内の児童養護施設を訪問するなどして要望を聞き、随時対応していくと約束した。

最終更新:4/19(水) 7:55

産経新聞