ここから本文です

阪神・中谷、岩貞救った 福留代役で美技&V犠飛の大仕事!

デイリースポーツ 4/19(水) 6:04配信

 「中日1-3阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 仲間を救い、チームを勝利に導いた。「5番・右翼」で今季初スタメンの阪神・中谷将大外野手(24)が大暴れだ。初回、右中間前方に落ちそうな飛球をダイビングキャッチして失点を防ぐと、同点の八回には今季初打点となる決勝の右犠飛。2連勝で貯金は今季最多の「4」。もっともっと勝ちまくれ!

 絶好のアピール機会で、攻守にわたって活躍。勝利に導く美技、一打で見事にスタメン起用に応えた。「数少ないチャンスの中で、モノにできてよかった」。中谷に、今季ようやく安どの表情が浮かんだ。

 試合の命運を分けたワンプレーは初回に生まれた。先頭に四球を与えるなど安定感を欠いた先発の岩貞を救った。2死三塁でビシエドの放った高い飛球が右中間の中堅寄りへ。猛スピードで追いかけダイビングキャッチ。「あれは一番よかった」。自賛するビッグプレーを見せた。

 試合を決めたのは1-1の八回無死二、三塁。中日の2番手・岩瀬から右翼後方への犠飛を放った。貴重な決勝点は「バットに当てることしか考えていなかった」と必死の一振りから生まれた今季初打点だ。

 今季はこれまで代打など、途中出場が続いた。この日は休養に充てられた福留に代わり「5番・右翼」で先発出場。10打席で1安打しか放っていなかった男が大きな仕事をやってのけ、チームの貯金を今季最多の「4」とした。

 金本監督も期待の若虎の活躍に目を細める。守備について「あれは大きかった」と2度、繰り返した。勝ち越し犠飛についても「あれをライトに打てたというのが大きかったね。二走も三塁に行けたから」とチーム打撃を褒めたたえた。

 持ち味である打撃を支えるのは打撃練習中のルーティンだ。左右の手を反対にしてバットを持つ、特殊な握り方でティー打撃を行う。ヘッドを立たせる効果があり「意識付け」だという。187センチと大柄な体。だが、「遠くへ飛ばすこと」という“邪心”を捨て、理想のスイングを徹底して追い求めている。

 今センバツでは梅野とともに、福岡工大城東時代の恩師である杉山繁俊監督率いる東海大福岡にTシャツを作成して寄贈した。

 今季こそ1軍に定着しレギュラーを狙う1年。限られた出場機会で結果を残し、恩師にも活躍し続ける姿を届ける。

最終更新:4/19(水) 7:25

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報