ここから本文です

市原隼人に会場ドン引き!ハイエナの捕食動画を見て役づくり

シネマトゥデイ 4/19(水) 21:05配信

 俳優の市原隼人が19日、都内で行われた映画『無限の住人』のジャパンプレミアに出席し、毎日ハイエナの捕食動画を見て役づくりをしていたことを明かし、会場中をドン引きさせた。この日は、木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、戸田恵梨香、満島真之介、三池崇史監督も来場した。

【画像】市川隼人がハイエナの捕食動画を見た結果…劇中ショット

 本作は、沙村広明の人気コミックを実写映画化したもの。“不死身の侍”万次(木村)が、両親を殺された少女・凜(杉咲)の復讐を手伝うために用心棒となり、壮絶な戦いに身を投じていく姿を描いたアクションエンターテイメント作だ。

 欲望にまみれた残虐非道な剣客・尸良を演じた市原は、「常識も武士の情けも通じない、己の快楽に溺れていく尸良を演じさせていただきました」とあいさつすると、「(尸良のシーンは)カットしている部分が多いんですよ。それくらいスクリーンと向き合えなかった尸良です」とキャラクターのすさまじさをにおわせつつ、自虐的なコメントも。

 また、殺陣と乗馬の稽古をしっかり積んで撮影に入ったが、「動物くさい感覚が尸良にはある」と感じたそうで、「毎日ハイエナが生きたまま動物を捕食する動画を見て、現場ではすべてを出し切りたかったので『万次ー!』と叫んで、ボルテージを上げてやっていました」と告白。そんな熱い役者魂に会場がざわつき、木村からは「いいですねー。この会場全員が引く感じ」とツッコまれると、市原はひるむどころか「最高です!」とさわやかな笑顔を見せた。

 さらに殺陣のシーンの撮影中に、相手に対して「俺はまだあなたに殺される気がしない。全然足りない。もっと来い!」と本音がぽろっと出たことも紹介。終始熱いエピソードトークで会場を盛り上げていた。(取材/錦怜那)

映画『無限の住人』は4月29日より全国公開

最終更新:4/19(水) 21:05

シネマトゥデイ