ここから本文です

グリエズマン、レスター撃破に歓喜...CL準決勝の対戦相手は希望なし

GOAL 4/19(水) 19:54配信

アトレティコ・マドリーは、18日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでレスター・シティに1-1と引き分け、2試合合計スコア2-1で準決勝進出を決めた。FWアントワーヌ・グリエズマンはレスター相手に苦しんだことを明かしている。

グリエズマンは試合後、『Bein』で「今は自分のサッカー、チームメートのサッカーを楽しめている。こういう風に続けられたらいいね」と口を開いた。「レスターにとって、シーズンの大一番だった。ファーストレグと同様に難しい試合だったよ」アトレティコのエースはイングランド王者の強さを認めている。

「レスターはすごく押し込んできた。だけど僕たちは守備でよく耐えた。空中戦でもゴールを許さず。常にカウンターでの得点を狙っていた」とゲームプランを明かしたグリエズマンだが、レスターが後半からFWレオナルド・ウジョアを投入したところで試合の流れは変わりつつあったと話している。「ウジョアが入って、違う試合になったね。あそこから本当に難しくなった。だけど僕たちは(勝利に)満足している。これを続けていくべきだ」レスター撃破を誇った。

また、再び行われるベスト4の組み合わせについて、グリエズマンは「対戦相手はどこでもいいよ。僕たちがCLで勝ち残っていること、それが一番大事だからね」と語り、特に希望はないと主張している。

GOAL

最終更新:4/19(水) 19:54

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合