ここから本文です

迫力!!巨大バッタ像 掛川「茶文字ビューポイント」に展示

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/19(水) 9:48配信

 掛川市東山の「東山いっぷく処」近くの「茶文字ビューポイント」で6月中旬まで、ステンレス彫刻家中嶋大道さん(長野県安曇野市)が制作した巨大なバッタ像が展示されている。

 像は体高150センチ、体長450センチ。長い触覚や脚に生えたとげなどが精巧に作り込まれていて迫力がある。間近で鑑賞することができ、東山地区を訪れた多くの観光客の関心を集めている。天気の良い日には、近くの粟ケ岳の斜面に描かれた茶文字や同地区に広がる茶園などの美しい景観と一緒に楽しめる。

 掛川市内各地を舞台に10、11月開かれる芸術祭「かけがわ茶エンナーレ」の一環。期間中はバッタ像のように、掛川の自然や街並みとともに芸術作品が鑑賞できる。

静岡新聞社

最終更新:4/19(水) 10:38

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS