ここから本文です

原油先物が小幅下落、米API在庫統計を嫌気

ロイター 4/19(水) 11:19配信

[シンガポール 19日 ロイター] - 19日アジア時間の原油先物相場は小幅下落。米石油協会(API)が公表した在庫統計が嫌気されている。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.05ドル安の1バレル=54.84ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.04ドル安の52.37ドル。

ANZ銀行は「市場の焦点が再び米国の在庫と生産に移ったため、原油相場は小幅安となった」と説明した。

APIの統計によると、4月14日までの週に原油在庫は84万バレル減となったが、依然として過去最高水準近くにとどまった。ガソリン在庫は140万バレル増となった。

米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計は19日発表される見通し。

一方、サウジアラビアの2月の原油輸出は減少したが、生産は増加したため、相場への影響は限定的となった。

最終更新:4/19(水) 11:19

ロイター